言葉が増える育児

子どもの言葉の発達には元々興味があり、実際に自分の子どもがうまれたら試してみたいことがいくつかありました。そのなかで、実践したものとその効果と思われることについて書きたいと思います。

以前から子どもに関わる何らかの仕事につきたいなと思っいて、この記事がとても参考になりました

私はもともと読書が好きです。文章を読んだり書いたりすることが苦にならないので学生時代は国語が得意でした。私自身が両親にたくさんの本を与えてもらっていたのでその影響は大きいと思っています。
子どもが産まれて2ヶ月くらいのときには読み聞かせを始めました。原色がふんだんに使われた、赤ちゃん向けの絵本がうられています。初めは全く興味をもってくれませんでした。親の自己満足だけの時間でしたが、絵本を共有するという楽しみな時間でもありました。
子どもが少し大きくなり、一歳前くらいになった時には子どもも一緒になって絵本を楽しんでくれました。寝る前に読むことを習慣にしていたので、眠たくなると絵本を読むように催促してくるようになりました。お気に入りの谷川俊太郎さんの絵本はもうぼろぼろになるくらい繰り返し読みました。現在2歳ですが、おおきなかぶの絵本まで楽しんで読むようになってくれています。本を読むことに加えて膝に座って読むというコミュニケーションもいいのだと思います。
絵本を買うのを習慣にするために、ブッククラブに登録して月に一冊選書してもらうようにしています。毎月面白い絵本が届くのでたのしみです。自分で選ぶとどうしてもシリーズものや同じ作家に偏ってしまうので助かっています。絵本効果で、おままごと中に「召し上がれ」という言葉がでてきたりします。絵本に触れていなければ出てこなかったと思います。
絵本のほかにベビーサインも習いに行きました。言葉が出てくるよりも前に手を使ったサインで自分の意思を伝えると言うものです。ミルクが飲みたいとかおいしいと言う気持ちを手を使って表すことができます。しゃべれない赤ちゃんでも誰かに意思を伝えると言うことが実践できます。ベビーサインを習うと言葉が早く出ると言うことを聞いていましたが、実際にそうなったと思います。朝起きてから寝るまでずっと喋っているような状態でうれしいです。